保育士の転職では引き止めに注意

main-img

保育士が転職したいと言っても、職場の事情によっては引き止められる可能性があります。


今では人手不足が保育業界の常識になっていますから、どこでも即戦力となってくれる保育士は手放したくないのが現状です。
それでも辞めたいとなると、場合によっては引き止められる可能性があります。

期待できる毎日新聞に関する詳細はこちらです。

労働基準法で誰でも自由に仕事を辞める権利はありますが、後味を悪くさせずに去るにはコツがいります。
言い方によってはいらないトラブルや引き止められる口実を作ってしまう可能性もあるので注意しましょう。円満に転職するには、余裕を持って転職の意思表示をしてくことが大切です。

「急に仕事を辞める」と伝えても、職場にとっては繁忙期でどうしても辞めてほしくない場合もあります。


そういう時に無理にお願いしてしまうと、トラブルの種になる可能性が高いです。

保育士の転職についての情報はこちらです。

なので、だいたいのスケジュールが決まったら早めに職場に伝えておくようにしましょう。
上司が信頼できる相手であれば、上司にだけ伝えて、同僚などには後でこっそり伝えてもらうという方法なら、職場でのいざこざが起こりにくい場合もあります。
だいたい退職希望の1〜3ヶ月前が一般的なので、この時期を目安にして早めに伝えられるようにしましょう。
また、伝える時にはあくまでも相談という形で話しかけるのがポイントです。はっきり辞めるというのではなく、相談したいことがある、といえば保育士転職のことを受け入れてくれる確率が高くなります。



基礎知識

subpage1

現在、保育士として働いているが、給料や労働環境等に不満を感じている方がいるはずです。不満があるのであれば、転職することをオススメします。...

more

詳しく知りたいなら

subpage2

保育士として転職したいと考えている場合、どうしたらその計画を成功させることができるのでしょうか。一つのポイントは、できるだけ円満に、なおかつスムーズにこれまでの保育園を退職するということです。...

more

これからの社会

subpage3

昨今の日本においてのビジネス現場を観察すると、精力的に働くビジネスマンの中でも女性の割り合いが増えていることに気がつきます。女性の場合は出産や育児を経験することもありますが、子供を預けることができれば早い機会に社会復帰も可能です。...

more

最新情報

subpage4

近年、もともと勤めていた職場を止めて保育士への転職を行ったり、出産後子供が大きくなって仕事を始める際に、保育士を選ぶ方が増えています。需要がとても高くなっているというのが理由の一つではあるのですが、一体どのような職種の方が、保育士への転職を選んでいるのでしょうか。...

more